ブログ

サイト管理人のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

大通公園 ホワイトイルミネーション動画

本文に戻る

 

札幌市 大通公園のホワイトイルミネーションの動画です。8丁目にあるクリエイティブシアターは、全円周ドームで、天井一面に広がる、雪の結晶・星座・オーロラ・万華鏡のような美しい映像に心奪われます。

中島公園は札幌市民にとって癒しのスポットです♪豊平館

鴨

中島公園

札幌市の中心部のにある大通公園より南に位置する明治20年(1887年)に開園された公園です。北の歓楽街ススキノに隣接していて、地下鉄中島公園駅1番出口から地上に上がるとすぐに中島公園です。

記念銅像

明日9月22日(火)~27日(日)に札幌パークホテル西側駐車場で行われる「七厘百個祭」の準備がすでに始まっていました。

「七厘百個祭」とは、北海道文化放送(UHB)主催で白老町が共催という、食のステージ「七厘」を舞台に食材王国北海道ならではの「うまい!」を堪能していただく道産食材発掘&堪能イベントです。もちろんメイン食材は白老牛です。

七厘百個祭

きっと明日からの6日間は、中島公園に白老牛の焼ける美味しいにおいが漂うのでは・・・? ところで、会場の札幌パークホテルですが、札幌が舞台の2時間ドラマなどでは、必ずと言っていいほど登場するホテルなので、道外にお住まいの方も、「あ~、あのホテルね!」と思う方もいらっしゃると思います。

七厘

中島公園は総面積210.416平方メートルで、よく広さの比較で用いられる東京ドーム(46,755 平方メートル)何個分と言うことになると4個半ぐらいになるのでしょうか?

豊平館

それほど大きくはありませんが、お散歩には最適な公園と言えると思います。中島公園には、様々な施設がありますが、1964年に国の重要無形文化財に指定された豊平館があります。

2012年4月より耐震補強を含む保存修理工事で休館していて、2016年3月頃にはリニューアルオープン予定とのことです。

豊平館ーパート2

豊平館は、1880年に高級西洋ホテルとして北海道開拓使が今の大通公園に面する位置に建造しましたが、1958年に現在の中島公園に移設されました。休館までは、札幌市営の結婚式場として広く活用されていました。

なお、豊平館の最初の利用者は、明治天皇だそうです。 豊平館と同じく国の重要文化財の八窓庵(はっそうあん)は、1936年に国宝に指定されていましたが、1950年の国宝保存法廃止に伴い重要文化財に指定されたそうです。

八窓庵

八窓庵は、いまから400年あまり前に、江戸時代初期の大名小堀遠州が設計したといわれる茶室です。滋賀県長浜市にあったこの茶室を購入した札幌の実業家が大正8年(1919年)に札幌市へ移築されたそうです。

その後、中島公園内に移築されましたが、降雪のために2005年に全壊という悲しい現実がありましたが、可能な限り旧材を利用した修理を行うことで、重要文化財指定解除は免れました。

コンサートフォール

札幌市民として、これは嬉しい事ですネ! 中島公園には、その他にも製作に2年が費やされたという4,976本パイプを持つパイプオルガンを有する札幌が誇るコンサートホールKITARAなどもありますが、こちらについては次に紹介したいと思います。

神社

なお、最後になりますが、中島公園内の伊夜日子(いやひこ)神社をお参りしてきましたが、偶然、結婚式を挙げるカップルがいらして、綿帽子の新婦と紋付きの新郎の姿に、いつまでもお幸せにと心から祈りました(^_-)-☆

結婚式

私ごとですが、、シルバーウイークも今日で3日目です(^^)v 朝からピーカンの良い天気ですネ~ ここのところ、にわか雨が降ったりで、なかなか天気に恵まれなかったので、今日は早い時間に行動開始!!!

天気予報では、本日の札幌は15時頃には雨が降るとか・・・? 行先は中島公園と決めていたので、10時には支度をして出発! と言っても、中島公園は豊平川を渡って我が家から7分ほどにあり、お散歩に絶好の場所と言えます。

中島公園ーボート

その中島公園は札幌市民のオアシス的な公園、中島公園の池ではカップルや家族がボートに乗って楽しそうにしていました。鴨たちも昼寝?亀も発見!帰り道は中の島方面へ、、、

橋アーチ

幌平橋がこんなにも、変わっているとは?ビックリです。カムバックサーモン、、、鮭が遡上(そじょう)してくるのが見える様な構造の橋になっていました。勉強不足でした。中島公園も幌平橋も大満足で帰って来ました。

暴走する円山動物園(札幌市)パート3 左回りコース・アフリカゾーン

ホッキョクグマ

円山動物園(札幌市)

暴走する円山動物園(札幌市)パート3 シロクマ(白熊)からのコース紹介です。シロクマの赤ちゃん誕生で人気もうなぎ上りで連日、大勢の見物の方で大賑わいです。

しろくま 赤ちゃん

私が行った7月10日に赤ちゃんシロクマの性別がメスと判明したので、5つの名前の候補の中から7月11日に投票が始まり8月には、決定するそうです。さあ、どんな名前になるのでしょう。

しかしこのシロクマ、実際に見ていると何とも愛らしい。ズゥ~ッと眺めていたくなります。みなさん、、、もう釘づけになっています。ニコニコ顔がいっぱいです。

泳ぐ 白熊 赤ちゃん

優しい表情がいっぱいで去りがたいのですが、次は海獣館です。愛らしい眼が印象的です。人気的には少し欠けるでしょうか??次に熱帯鳥類館です。

なかなか、こちらを向いてくれないのでシャッターチャンスが難しいエリアです。先に、は虫類・両生類館に足を運んだ方がコース的にはいいでしょう。

鳥

そこから、総合水鳥舎に、、、類人猿館という流れでしょうか??次に熱帯雨林館です。最初にマレーバクがお出迎え!!館内に入っていくと、お魚くんがお出迎え!!

魚

サルくんがいますが上を気にしていないと、、、かけられるおそれがあります。気を付けましょうと書いてありますのでお見逃しなく!!

いたずら サル

何ともユーモラスなマレーグマの寝姿も良いですね!外へ出ると高山館、運が良ければレッサーパンダが頭の上からお出迎え!!です。きかんぼうなのに愛らしい。

くま

レッサーパンダ

次の寒帯館は、ユキヒョウがいて、その眼の鋭さは恐怖感ありありです。あたかも私たちを獲物のように狙っている眼をしています。ユキヒョウにしたら私たちは獲物なのでしょう。

豹

でも、その横のアムールトラはユキヒョウと比べると体も大きく迫力満点ですが・・・横たわる姿がトラの敷物のように感じるのは私だけでしょうか?でも、小柄ながら美しい毛並みのユキヒョウの方が私的には好きです。

トラ

これで全てのコースが終了です。しかし、、、熱帯雨林館~寒帯館の向い側に10月よりアフリカゾーンが開園します。動物をみせる、、魅せる、、、にこだわった作りにになっているそうです。

キリンさんが直近で、カバくんの泳ぎが、その他、、、間近に接する様になっているそうです。現在いる場所からアフリカゾーンに移動する動物もいますので、今回、説明してきたコースにいない場合もあります。

アザラシ

あれ?と思わないでくださいね!アフリカゾーンが出来ることで相乗効果が生まれ、もっともっと楽しい動物園に変身するでしょう。10月が待ち遠しいですね。

8月1日からは毎年の夏のお楽しみ夜の動物園も開催されます。昼間とは違った動物の生態も見る楽しさもあると思いますので一度行ってみましょう。

オランウータン

高齢者の方にも優しい動物園なので車椅子(数量限定・無料)も貸してもらえます。ぜひ、利用しましょう。車を運転して円山動物園に来られる方は西門から入場となるでしょう。

その場合は、今回、紹介したコースの反対で回るといいでしょう。円山動物園、これから夜の動物園、10月開園のアフリカゾーンなど、更に楽しみがいっぱいの動物園になりそうです。楽しさが暴走する円山動物園、子供も大人もワクワクです。

>>暴走する円山動物園(札幌市)パート1へ<<

>>暴走する円山動物園(札幌市)パート2へ<<

 

暴走する円山動物園(札幌市)パート2 左回りコース・アフリカゾーン

とら

円山動物園

円山動物園の暴走する円山動物園(札幌市)パート1でサル山までご紹介しましたので今回は熱帯動物館からです。キリンさんが最初に目に入ります。

kirin320x250

このキリンさんも10月のアフリカゾーンが開園になると、そちらの方に移動になります。今は単純にキリンさんがいるという感覚ですが、アフリカゾーンでは、動物を身近に感じるように設計されていますので、より以上に楽しさが増すでしょう。

かば

その一つにキリンさんを上から、、、見下ろす工夫がなされているそうです。楽しみです。一番乗りをしますか??隣はカバくん、このカバくんもアフリカゾーンに移動され迫力ある演出方法が用意されているそうです。

しまうま

10月が楽しみいっぱい!!次がシマウマくん、次がダチョウくんです。ダチョウくんはキカンボウ!すぐ近くで観ること出来ますので迫力満点きかなそうな顔をしています。

ダチョウ

次はおサルくんが鎮座しています。忙しく動き回るおサルくんや落着きはらっているおサルくんなどがいてベンチがあり、いっぷく(^。^)y-.。o○休みには良い場所のようです。

ここに座って一息入れるとサルの表情も園内を見物している方の表情も見て取れ楽しさも倍増する様に感じました。余談ですがベンチで、くつろいでいると2歳ぐらいの娘が母親の前を歩いていて、サルを見て、、、

さる

あぁぁ、、、恐いといって走り去っていきました。しかし、、、すぐに走って戻ってきたと思ったら、スズメさん、、、スズメさんといって追いかけて来ました。

そして立ち入り禁止の細い(大人ではムリ)間を通り抜けていくではありませんか。母親は慌てて、、、辛うじて柵の外から捕まえて事なきを得ました。その場にいた全員が微笑ましく眺めていました。

モンキー

次はモンキーハウスです。ここは2階から見る場所があるので、ぜひ、2階からのモンキーくんの姿を楽しみましょう。次はエゾシカです。あまり動きがないので人気は、いまいちのようです。

しか

次はオオカミ舎です。地上からの眺めは、、、いまいち見づらく、ここも2階からのオオカミを堪能しましょう。次がエゾヒグマ館です。エゾヒグマは本州のツキノワグマに比べると一回り大きい!!迫力満点です。

オオカミ

迫力ある風格が北海道の大きさをイメージさせているようです。ここまで来ると円山動物園の半分のコースに達したと言ってもいいでしょう。円山動物園は結構広めです。

若い方なら楽勝で回れるでしょうが、年齢に応じて休憩タイムを取り入れて楽しく動物観賞をいたしましょう。次はいよいよ円山動物園のハイライト!!世界の熊館シロクマです。>>この続きはパート3で<<

>>暴走する円山動物園(札幌市)パート1はこちら<<

暴走する円山動物園(札幌市)10月オープン!アフリカゾーンは凄い

かば

円山動物園

円山動物園(札幌市)アフリカゾーンが10月にオープンします。凄い事になりそうです。一般公開は10月まで待たないと入れませんが、7月14日(火)に報道関係者に公開されました。

アフリカゾーン

メディアがテレビ等で報道番組で円山動物園のアフリカゾーンの内容を紹介していました。一般の人は、もう少しの辛抱です。一般的には札幌駅からJRバスか地下鉄で円山公園駅から徒歩で15分ぐらいで正門前につきます。

”行きはよいよい帰りは恐い”ではなく、その反対にです。行きは山を登るので、、、帰りは下り!心配はしなくて大丈夫です。一般の方でしたら、それほど辛い登りではありません。

しろくま  はは

その理由は、、、円山公園駅から降りて円山公園に入ると、すぐに小学校の一団と遭遇しました。リックを背負って元気よく隊列を組んで登っています。

どこ行くのかな?同じ円山公園に行くの?そう思いながら登っていきました。バッチリ!目的地は同じでした。小学生の楽しそうに登れる山なのですから、健康な方なら大丈夫です。

カンガルー

円山動物園は楽しさいっぱい!正門からの私なりのコースを紹介いたします。あ~!その前に入場料のお話しをします。一般的には大人1人(高校生以上)の料金は600円、小人(中学生以下)無料です。

お得な年パスもあり、この入場料金は1,000円です。もっと、、、お得なのが高齢者!!札幌市民でなんと65歳以上であることの証明するもがあると、、、なんと、、、無料で入場することが出来ます。

また身体障害者手帳をお持ちの方も減免です。円山動物園に年2回以上行くという方は年パスも考慮されるといいでしょう。元以上の料金になります。大人一回の入場料金が600円ので検討に値すると思います。

バッハロウ

観光で訪れた方は年パスは無理かもしれせん。それでは私の好きなコース回りを紹介します。正門を入って左回りです。実に単純と思われるでしょうが、、、結構、円山動物園は広いです。

北海道というと旭山動物園が全国的に有名になりましたが、正確ではありませんが旭山動物園は狭いと感じました。旭山動物園は動物たちを演出するという方法にたけていたから、今までにない演出方法に魅了されたのでしょう。

肉球

しかしながら最近では全国で動物たちを演出する方法を考えて動物好きな人たちにアピールする様に工夫しました。最近では一人勝ちから分散する様になってきています。

チョット話しがずれてしまいましたので元に戻します。では、正門から入ってみましょう。右手に動物園センターがあり、左手には動物園科学館があります。簡単な食事も出来る様になっています。

鷲

では、私おすすめのコース左回りでご紹介します。動物園科学館を過ぎると猛禽舎が見えてきます。彼達は、いつも奥にいるので、、、近くで観ることが出来たらラッキーです。

その隣が、こども動物園スポットになっています。ここは幼い子供たちがワイワイにぎやかに動物たちと触れ合っています。幼稚園の団体、小学生の団体が来ると、、、押すな押すなの黄色い声でいっぱいになります。

さる

また、パパ、ママ、幼い子供さんの微笑ましい光景を見ていると心が和む瞬間を感じます。次はサル山になります。一生懸命にに毛づくろいしているサル、何やら寄り添っているサル、だらサル、サルの色々な表情を垣間見る事が出来ます。

次は熱帯動物館です。この続きは 暴走する円山動物園(札幌市)パート2で>>パート2の続き<<