GW前半の中島公園は桜をの美しさを楽しむ人で賑わっていました♪

桜

3月15日に高知でスタートした桜前線も、例年より早く、4月26日に札幌に到達しました。 札幌でお花見の名所といえば、円山公園ですが、我が家では、徒歩で15分程度で行ける、中島公園へお散歩感覚で出かけます。

昨年は、GWが明けた平日に出かけたのですが、今年は、開花が早かったのと、GW中の天気予報は、当初、好天のはずだったのが、途中から、5月3日から、5日まで、雨模様に変わったので、4月30日の昭和の日の振り替え休日に、プラッと、お花見に行ってきました。

いつもは平日に出かけるので、それほど人出は多くないのですが、10時前だったにもかかわらず、かなりの人出でした。この日は最高気温が24.5℃だったので絶好のお花見日和でした♪

桜
ホテル・旅館の予約なら [Yahoo!トラベル]

中島公園は火の使用が禁じられているので、ジンギスカン・バーベキューの煙でモクモクの円山公園と違って、きれいな桜を楽しむ事が出来ます。

中島公園で桜を楽しむ人は、本格的なカメラ持参で、絶好の1枚を撮影するためにきた人、ワンちゃんとお散歩にきた人、楽しげに桜を見るカップル、ベビーカーを押しながら、お子さんに話しかける夫婦、、、、

でも、海外からの旅行者の方が、本当に多かったのは、ビックリでした!!! アジア圏からの方が多い様なので、パッと見で分からなくっても、乱れ飛ぶ会話で、分かってしまいます。

ニュースでは、お花見を楽しみに日本に来ている旅行者が年々多くなったと報じていましたが、やはり、札幌でもそうみたいですネ♪

八窓庵

私の桜のおすすめスポットは、2016年6月20日にリニューアルオープンした豊平館(ほうへいかん)と江戸時代初期に滋賀県長浜にあった大名でもあり茶人でもあった小堀遠州が設計したと伝えられている茶室が1919年に札幌に移築された八窓庵(はっそうあん)の日本庭園です。 (なお、豊平館も八窓庵も国の重要文化財に指定されています。)

☆豊平館➞淡い水色と白い壁が、桜のピンク色とのコントラストが大変美しい景色になっています。 このあたりの桜は、淡いピンク色のソメイヨシノ・濃いピンク色のエゾヤマザクラですが、濃淡のピンク色のコントラストが、本当に美しいです♪

八窓庵

☆八窓庵➞日本庭園には小さな滝があって、そこからの水がゆっくり流れていて、日本庭園内の池へと注がれています。 ここの桜はソメイヨシノ・エゾヤマザクラのほかに、シダレザクラが趣きがある姿を見せています。

また、八窓庵のところには紅色でコロンと丸まった花が咲いている木がありますが、これはバラ科サクラ属のコウバイです。 桜のピンク色とは違い、紅色と表現されていますが、桜と同じ時期に咲いているので、お花見で中島公園へ行くことがあったら、コウバイも見ていただきたいと思います。

かたくり

なお、八窓庵の出口あたりには、赤紫色のカタクリの花が咲いていました。 春の遅い北海道では、これからがいろんな花が咲きだして、一番きれいな季節になります♪

中島公園は、ホテルが多い地域から徒歩圏内にあるので、札幌に旅行する際には、中島公園に近いホテルを選択して中島公園の散策を楽しんでいただきたいです(^_-)-☆

Booking.comBooking.com