札幌の中島公園は桜満開!楽しむ人で賑わい豊平館もきれい

札幌

今年の札幌の桜の開花日は予想より3日早い4月25日でした。きっと4月29日の昭和の日は、桜満開で絶好のお花見日和になるという期待を裏切り、GWなのに、道東では30センチを超える大雪が降るという悲惨な天気になってしまいました。

道庁の池

札幌でも最高気温が29日・30日6℃位という信じられない寒さで、ストーブを点けずにはいられない家庭も多かったようです。

5月1日には、やっと最高気温が11℃になって、少し寒かったのですが・・・やっと、札幌の桜が満開になったというニュースが流れました。

中島公園 風景

中島公園

札幌の桜の名所といえば、やはり、北海道神宮・円山動物園がある円山公園になりますが、気軽にお花見を楽しめるのが、札幌の中心部の大通りから歩いて15分程度の中島公園です。

中島公園には、ボート池とも呼ばれる菖蒲池(しょうぶいけ)のボート乗り場があって、桜満開の景色の中、ボートを楽しむ家族の姿も見られました。最近は、渡り鳥ではなくなった鴨だけではなく、なぜかカモメもノンビリと池を泳いでいますネ!

中島公園札幌

豊平館

また、1880年(明治13年)に来賓を迎える場所として作られた西洋館の豊平館が、1958年(昭和33年)に中島公園に移築され、国の重要文化財に指定されて札幌市営の結婚式場と利用されていました。

2012年(平成24年)4月1日より耐震・改修工事のために4年間休館する事になり、フェンスとブルーシートでその美しい姿を見る事が出来なくなりました。

豊平館

豊平館 リニューアルオープン

札幌市民としては、淋しいものでしたが、その工事も2015年(平成27年)11月23日にはフェンスが撤去されて、久々に美しい姿を現しました。2016年(平成28年)3月31日には4年間にわたる改修工事が終了しました。

5月1日には、淡い水色と白のコントラストの豊平館が桜のピンクに生えて大変美しい景色をみせてくれました。リニューアルオープンは6月20日に決まりましたが、フェンスがなくなった今年の豊平館のまわりには、花見を楽しむ多くの人々の姿を見る事が出来ました。

豊平館 桜

なお、今回の改修工事に伴い、豊平館の裏側に付属棟が建てられて、渡り廊下で豊平館とつながれます。付属棟にはエレベーターが設置されて、バリアフリーになります。

これで、さらに多くの方に豊平館利用していただけることになります。きっと、リニューアルオープンの日には多くの人が訪れるのではないでしょうか?

旅行を楽しむ方に最適な格安航空は★TRIPSTAR★エアーズゲート 国内航空券★TRIPSTAR★エアーズゲート 国内航空券<浮いたお金で豪華に旅行を満喫しよう。ホテル・旅館の予約はなかなか取れない!早めの予約をしよう。ホテル・旅館のご予約は [Yahoo!トラベル]ホテル・旅館のご予約は [Yahoo!トラベル]


スカイパックツアーズ株式会社

スカイパックツアーズ株式会社

このエントリーをはてなブックマークに追加