世界が認めた北海道庁 紅葉の凄さ!札幌市の中心に紅葉のオアシス!

北海道庁
北海道庁は議会運営の庁舎というよりは赤レンガ庁舎として観光客にとって、大切な観光スポットになっています。大自然の中の紅葉のスケールとは違い、こじんまりとした紅葉ですが、残り少ない秋の日々を精いっぱいに見せてくれる紅葉の綺麗さは大好きです。

池に写る紅葉の綺麗さ、泳ぎ回るカモ、じっくりとベンチで眺めている人達の心を癒しています。年間通して、いろいろなイベントなどもあり、観光客だけではなく札幌の一般市民も楽しませてくれる北海道庁になっています。

道庁の左側紅葉の池
旧赤レンガと称され愛されています。現在の赤レンガ庁舎は2代目です。残念なことに初代道庁は焼失してしまいました。

ただ、今の赤レンガ庁舎を愛して止(や)まない人達が多いのも事実です。正面から入ると左右に池があります。左手側は沼という感覚!中間まで渡れる橋が掛かっています。橋を渡り中心に立つと綺麗な紅葉の中心にいるような感じになります。

道庁の左の池
ここに立っていると、ここが街の中という事を忘れてしまいます。私が好きなのは右手側の池です。ウッソウとした景色ではなく紅葉も綺麗で池に写る風景が紅葉を、池を泳ぐ鴨の姿が、紅葉をいちだんと輝かせています。

確かに大自然の中の紅葉とは違い、街の中のこじんまりとした紅葉ではありますが・・・街の中で紅葉を見ているという事をついつい忘れてしまいます。去年の紅葉に勝るとも劣らない今年の紅葉ですが・・・毎年眺めていても、一度として同じ紅葉は、ありません。きっと、これからも毎年、道庁の紅葉を楽しむことが出来るのでしょう。

北海道庁の左の池
忙しいサラリーマンの方やキャリアウーマンの方などは、息抜きに来られると心が豊かになり仕事へのファイトが高まるのでは?ないでしょうか?イライラした時などは赤レンガ庁舎の紅葉を見る事によりスッキリする方もいるのでは?と思います。
個人により感じ方が違いますのでご了承くださいね。

道庁の右側の池
ここから2~5分以内で大通公園に行けますので、そちらの紅葉も綺麗ですので合わせて見られると、また違った紅葉を楽しめるでしょう。
こちらも、なかなかの紅葉風景です。道庁と違い都会の紅葉といった感じです。紅葉時期は短いので見逃さない様にしましょう。

道庁の池
夜はライトアップにより、また違った顔をみせてくれます。日没~21:00迄、池に行かれる方は遠目から眺めましょう。万が一の事があると大変です。灯りのある所から楽しみましょう。夜のライトアップにより神秘な赤レンガ庁舎を楽しむことが出来るでしょう。

赤レンガ庁舎の昼と夜の二つの顔を見るのも楽しみの一つではないでしょうか?重要文化財になっている北海道庁をお楽しみください。